最近がんばっている吉祥寺美術館で「長倉洋海写真展 その先の世界へ」を見る

世界を撮り歩く長倉洋海の写真展。
チベット、スリランカ、今話題のトルコ・シリア国境、アフガニスタン、シベリアなど辺境の人たちの生活を追う写真展。

縮小-20150524_031301385_iOS

被写体は辺境の貧しい人たちがほとんどなんだけど、気づいた点が二つありました。

ひとつは、人はどんな環境でも希望を抱いて生きているんだな、という点で、仕事が終わった後のアフガニスタンのエメラルド鉱山で働く年収300ドルの労働者たちの目が生き生きしているのが印象的です。彼らの夢はいつかは鉱山主だそうです。

ふたつめは、アフリカでライオンを追いかけてそうなフンドシ姿のおっさんは自分を撮ろうとしている写真家に向けて写メを撮りかえしてやろうとしていますし、鉱山の年収300ドルの若者たちは休憩時間中に楽しそうにスマホで音楽を聴いています。ここ数年のIT革命は地球の隅々までいきわたっているんだと実感したのでした。

ところで最近、吉祥寺美術館は頑張ってます。写真的観点から見ると、今回の長倉洋海氏もそうですが、過去森山大道氏、野町和嘉氏などの有力な写真家の意欲的な展覧を企画しています。
写真じゃないですが、ゴールデンウィークのキノコ展も面白かったし。
都写美が改装中の今、吉祥寺美術館は注目の美術館のひとつだと思います。入館料100円なのもオトクですし♪

Share Button

「山岸伸写真展 世界文化遺産 賀茂別雷神社(上賀茂神社)」でオリンパスのカメラが欲しくなる(笑)

写真友達のYさんがオリンパスギャラリーが新宿にできたので行ってみたいということなので行ってみました。そこで見た山岸伸写真展は超おすすめです。

縮小-20150523_093826519_iOS

夕暮れの上賀茂神社の黒くしまった姿と金色の金具、暗闇に浮かび上がる神官や狛犬....

神様のおわす神社の神聖な雰囲気が流れ出てくるようです。

この写真展を見て、そろそろカメラを買い換えようと思っている私は、オリンパスのカメラっていいんじゃないかと思いました。もちろんカメラだけでなくウデの問題もありますけど、私の中のオリンパスの好感度は大幅アップしました(笑)。

東京は5/27(水)まで。大阪は6/19(金)から6/25(金)までです。

Share Button

「大日方 浩 写真展 里へんげ Place of the incarnation」のモノクロはすごいっ!

今日は写真友達のYさんと一緒に新宿のコニカミノルタプラザで写真展見学。ここでは3つの写真展が同時開催されていたのですが、もっとも印象に残ったのが大日方氏の写真展でした。

作家の地元、信州の情景がモノクロで淡々と撮影されているのですが、撮影されている被写体の精細感・存在感がすごいのです。アイキャッチ画像の毛虫は展示写真を見ると輝いて見えます。

おそらくデジタルモノクロームだと思うのですが(違っていたらごめんなさい)、撮影、現像、レタッチ、プリントまで一切手抜きなしで作業しないとここまでのクオリティにならないと思います。
いい仕事してるって感じです。あのプリントなら買ってもいいと思いました。
29日(金)までです。

Share Button

赤線跡探訪・秩父を歩く(5/5)

* 旧ブログには276個の赤線跡に関する記事が掲載されております。コチラもご覧ください。

-----------------

前回の続きです。

続きを読む 赤線跡探訪・秩父を歩く(5/5)

Share Button

チョー新鮮な九州の魚介が楽しめる「九州熱中屋」

九州熱中屋はネタが新鮮なのと、店内に長淵剛がかかっていたりして妙に熱いのが面白くてたびたび飲みにでかけていたのですが、品川のグランパサージュ内に新店ができたので行ってみました。

続きを読む チョー新鮮な九州の魚介が楽しめる「九州熱中屋」

Share Button

決定的瞬間!新幹線ダブルキッス!(笑)

東京駅から東北新幹線で出張することが多いのですが、写真のような光景は初めて見ました(笑)。

続きを読む 決定的瞬間!新幹線ダブルキッス!(笑)

Share Button

豊田直之 写真展 「水の輪廻」~ 広大なる海の行方を追い求めて ~

昼休みに品川のキヤノンギャラリーSでやっている、この写真展を見学。
入り口で在廊していた写真家にご挨拶。この展のためにつくったというBGMに和みながら時計回りで鑑賞。
最初に気に入ったのがトンガの鯨の写真。泳いでいる姿を横からとらえた写真なのですがディテールがはっきりしているため、存在感と立体感が半端ないのです。
そこからしばらくは海洋生物の写真が続き次に山、森、渓流の写真が続きます。最後の水の中をたゆたう紅葉の写真は乙女チックだけと美しい。しばし見入ってしまいます。

ところでこの写真展、テーマはなんだっけ?とパンフに目を落とすと「水」とあります。そこでなるほどと思うわけなんです。海の生き物の写真展、山の写真展、川の写真展といったものは数多くありますが、写真家は「水」という切り口でとらえているので、これだけ多様な被写体があるわけです。一回の見学が複数の写真展を見ているような密度の濃い充実感が得られる写真展だと思いました。

6月22日(月)までやっています。お見逃しなく!

Share Button

[写真作品] のわーる秩父 (13/13)

いよいよ「のわーる」シリーズ最終回となりました。

↓ モダンなちちぶ銘仙館の柱

縮小-R0037254

↓路地に入ると鳥居がありました。縮小-R0037374

縮小-R0037416

↓秩父のシンボルとなっている古い洋食屋さん縮小-R0037498

↓アパートの入り口。色気があります。縮小-R0037531

Share Button

消えた吉祥寺・プチロードのらーめん神鐵

昨年の今頃にオープンしたばかりの博多ラーメンの神鐵。
旧ブログに食レポをあげています→ ココ

続きを読む 消えた吉祥寺・プチロードのらーめん神鐵

Share Button

ノンカロリー・ノンシュガーのエナジードリンク????

吉祥寺をブラブラしていたらヨド吉の前でなんか配ってます。

行列ができていたのでよくわからないまま並びました。どうやらモンスターエナジーが宣伝のために製品をタダで配っているようです。

私がもらったのはABSOLUTELY ZEROというモノでノンカロリー、ノンシュガーがウリです。エナジードリンクというとエネルギーの素となるカロリーがたくさんあるじゃないかとイメージしてましたが、この製品はそうじゃないみたいです。

縮小-20150517_035915135_iOS

実際に飲んでみるとふつうのエナジードリンクの味がしてノンカロリーだとかノンシュガーとかは意識しませんでした。それでもアルギン酸とか朝鮮人参とか入っているのでエナジー効果?はあるんでしょう。

Share Button

東京都ねりうま区在住のアラ50サラリーマンが写真、カメラ、B級グルメ、文房具、吉祥寺など多彩なエリアを語ります。