金満おやぢ・クレジットカードは2枚持ちがベスト!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0

先日、ポストを見たらクレジットカードの更新手続きの連絡。

以前はいろいろなクレジットカードに入会したり、退会したりポイントを集めてみたり、ゴールドに変えてみたりといろいろやってみたのですが、もう飽きてしまい、最近はそういったクレジットカード遊びからはトンと離れています。

とはいいつつもお金に関することなのでクレジットカードを選ぶ基準はしっかりしておかないといけません。
今、私は通常持ち歩いているのは1枚だけ、海外などへ行く場合は追加で1枚の計2枚です。最大2枚ですから少ないほうかもしれません。
もっとも勤務先から支給されるコーポレートカードもありますが、自分で選んだものではないのでこちらは数に入れていません。

ここではクレジットカードを選択する基準についてメモっておきます。



スポンサーリンク



クレジットカードは2枚所持しているのは前述のとおりですが、この2枚を所持する目的は全然違います。それぞれざくっと書くと

  1. 生活を楽しむ普段使いのクレジットカード
  2. 自分の生活を防衛するためのクレジットカード

まず1. のカードなのですが、本好きの人がAmazonカードを選んだり、旅行好きの人がJALカードを選択するのと同じで観点でヨドバシカメラのカードを使っています。自宅がヨドバシカメラの近くで週に何度も買い物に行くのでポイントをためておくと便利だからです。

つまり1.のカードは日常使い用で、日ごろの生活の中で楽しみながらポイントやマイレージを集めることが目的となっています。

日経トレンディなど雑誌のクレジットカード特集やネット上のWebサイトはほぼすべて「生活を楽しむためのクレジットカード」を選ぶためのガイドを提供しています。

んで、2. の「自分の生活を防衛」って何なんだ、ってことになりますが、とても簡単に言うと、しんどい場面で頼りがいがあり、高い会費を払う価値のあるカードということになります。

具体的な基準は

  • ゴールドカード以上であること
  • カード発行体(イシュアー)が世界的に知られた団体であること

としています。
今は新規発行停止になっていますが、シティバンクのデルタ航空ゴールドカードに加入しています。

なぜ、こんな基準を設けているかというと、今の私は企業に勤めていて普通に毎月給料をいただいていますが、もう終身雇用の時代は終わり、いきなり「来月から来なくていいですよ」なんて言われないとは限りません。

ゴールドカードには空港ラウンジ利用権、レストランやホテル予約を代行してくれる手厚いコンシェルジュサービス、海外旅行保険などが付帯していることが多く、入会資格もレギュラーと比べるとハードルが高いのが普通です。仮に会社員であることを辞めてから新規にゴールドカードを申請した場合、受理される可能性はかなり低いと考えています。なので、ゴールドカードの特典を現在利用するということの他に、職場をクビになりフリーランスになった時の保険という目的で入会しています。

2番目の発行体が多国籍企業...なんのこっちゃって感じですね(笑)。
クレジットカードはそれが国際ブランド(VISA, MASTER, JCBなど)であり、利用するお店がその加盟店であれば世界中どこでも使えるのが原則です。
近所の商店会(発行体)が発行しているVISAカードが、アフリカの路地裏のVISAカードに加盟しているバーで支払いに使えるのです。

原則はそうなんですが、海外で自分が提示したカードに疑念を持たれる経験をしたことがあります。
国内とかアメリカ西海岸なんかでは全くないのですが、ドイツの片田舎、アメリカ南部などで日本のとあるカードを出したとき、その見慣れないカードが明らかに店員から疑われているのを感じました。現金がなかったので必死で使えることを訴えて利用しましたが。
もう20年近く前なので今はないとは思いますが...

なので、2枚目のクレジットカードは日本だけでなく世界的に知られている会社・団体が発行しているカードを選ぶようにしています。

まぁ、こんな感じで私は所有枚数を抑え、会員費もできるだけ抑えるようにしています。

それとクレジットカードに関するいくつかの経験があるのでそれも2つメモしておきます。

ひとつはクレジットカードのサインは、海外で使うことが多ければ漢字でなく英語(ローマ字)で書いた方がいいですよ。
入会案内などを見ると漢字で平気です、とありますし、日本人が多く出かけるようなハワイとかグアムでは全然問題ありません。でも、同じアメリカでも田舎の方に行くと拒否られたりします。なので、私は1.は漢字で、2.は英語でサインしています。

二つめは、とある会社のカードのサービスはすごいっす、という話です。
こんな経験をしました。
とあるアメリカの街で夜中まで飲んでいて財布ごとカードを失くしてしまいました。
そうなるまで飲むのはどうなんだ、という話はおいておいて...(笑)
慌ててホテルに戻って日本に電話すると、翌朝その街にあるカード会社の事務所で新しいカードを受け取ることができました。
しかも、国際電話も先方もちでした。その時は通常の通常カードでしたが、他社のゴールドカード以上のサービスでした。会社によってサービスレベルは千差万別ですが、すごいところはすごい。

スポンサーリンク



言葉もろくに通じない外国でお金がなくなるのはとても心細いことです。そんなときに頼りになるカードがあったらどうですか?
マイレージ、ポイントだけでなく、そういった観点で自分にあったクレジットカードを探しています。

Share Button
(Visited 145 times, 1 visits today)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です