neriuma のすべての投稿

アラフィフサラリーマン。吉祥寺周りの情報とガジェットの話題を中心にかきまくります。

書評・バフェット太郎 ”バカでも稼げる「米国株」高配当投資”

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

自称”日本一アンチの多い「米国株」ブロガー”のバフェット太郎氏の今春の著作です。

8月で8刷になっているから相当売れています。

私がこの人を知ったのはひと月ほど前のブログ村でした。
そもそも「米国株」がブログ村の一カテゴリーになるほど、人気があるとは知らなかったし、そこにエントリーされているブログの中でバフェット太郎氏のがダントツで面白かった。

バフェット太郎氏の「米国株で資産をつくろう」という主張は正しいです。

なぜ、そう言い切れるかというと私自身、25年前から米国大型株を積み立て式で買っており、それなりの資産に成長した経験をもっているからです。

ドットコムバブルやリーマンショックで一時的に減ったことはありますが、概ね好調な運用成績で、住宅ローンの繰り上げ返済費用や子供の教育費となり家計を支えてくれました。
今でも資産の半分以上が米国株でこれからも続けていくつもりです。

なぜ私が25年前から当時一般的でない米国株を買い続けたかというと単なる「まぐれ」でした。

転職先の都合で米国の証券会社で口座を開くことになり、さらに給与引き落としで今でいう「るいとう」みたいな買い方ができました。なのでほとんど投資を意識せず、気づいてみたら何千株ももっていたという結果になりました。

なのでバフェット太郎氏のように銘柄選択を研究し、買い続け、リバランスし、時には銘柄変更しというプロセスを経ていません。
だから「まぐれ」と書いたわけです。

私にとってこの本を読むことは自分がたまたま無意識でやっていた「まぐれ」を検証する過程でした。

この本のポイントは次の3点です。

続きを読む 書評・バフェット太郎 ”バカでも稼げる「米国株」高配当投資”

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

書評・滝田誠一郎 “「消せるボールペン」30年の開発物語”

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

本屋で見つけた

- 小学館新書 滝田誠一郎 「消せるボールペン」30年の開発物語

即買いして、その日のうちに読みきってしまった。

8年間にワールドワイドで10億本売れたと言われるパイロットインキの「フリクションボール」開発の奮闘記です。

ボクも3本使っていて、そのメカニズムや開発の背景に興味をもっていたので即買いしたのでした。

開発者のインタビューやら擦ると消えるメカニズムやら開発史などが満載の本なのですが、この本で知って驚いたのが2点

続きを読む 書評・滝田誠一郎 “「消せるボールペン」30年の開発物語”

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

書評・定年後残り50年はエキサイティング? 定年本解説第三弾・松本すみ子「55歳からのリアル仕事ガイド」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

アラフィフでそろそろ定年が気になっている「ねりうま」の定年本解説シリーズ第三弾 。

私は定年後はあんまり働かずだらだら過ごしたいと思っているのですが、この本は定年後に「働いている人たち」のインタービュー集です。
買った後に、ちょっと失敗しちゃったかあーと思ったのですが、読み進むうちに結構面白くなってきました。

続きを読む 書評・定年後残り50年はエキサイティング? 定年本解説第三弾・松本すみ子「55歳からのリアル仕事ガイド」

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

マインドマップのための消えるカラーペン「フリクション カラーズ」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

最近、マインドマップにはまりつつあります。 本屋さんで立ち読みして↓の本を見つけたのがきっかけです。

マインドマップ自体は昔から知っていたのですが、なんだかめんどくさそうと思っていました。
ところがこの本はいろんな例が掲載されていて見ているだけで楽しい。
要は最低限のルールを把握したうえでノビノビとやればいいんだな、ということがわかりハマってきました。

マインドマップの利点として自由に自分の夢、予定、メモを記述することがあげられています。そういう実用的な面はもちろんとして、何よりも書いていて楽しいんですよ。
子供の頃のお絵かきの時間を思い出します。

始めは万年筆やボールペンで書いていたのですが、水性ペンで書いた方が楽しそう!

ということでロフトやヨド吉でいろいろ楽しく悩んだ末、パイロットのフリクション カラーズを選びました。

続きを読む マインドマップのための消えるカラーペン「フリクション カラーズ」

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

書評・定年本の読み方 と勢古浩爾「定年バカ」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

「定年まで待つな!」に続き定年本のベストセラー「定年バカ」を読みました。この本の感想を書く前に、いくつかの定年本を読んでいるうちに定年本の読み方のコツがわかってきましたのでまずはそれをメモします。

定年をテーマにした単行本、Kindle、雑誌等がたくさん出版されていますが、読む前に次の観点を確認すると理解が深まります。

  • その本はどの定年パターンを描いているのか?
  • 書いている人は定年を経験しているのか?

続きを読む 書評・定年本の読み方 と勢古浩爾「定年バカ」

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

先週のダウ暴落で900万円ぶっとびました

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

先週水木のニューヨークダウの暴落に引きずられる形で東証も暴落しました。

この二日間で自分の資産がどれだけ減ったかMoneyforwardを見たらなんと900万円!

ううっ...となりそうな額ですが、結構落ち着いてます。

落ち着いている理由はサラリーマンの投資原則第一条
(勝手に今、つくりました)

余裕資金でやる

 

にしたがっているためです。

今回はダウが5.2%ダウンしました。
そうすると新聞・TVは大騒ぎするのでなんだか不安になってくるんですよ。東証が暴落したのは「なんだか不安」という投資家心理を直撃したためでしょう。

でも、よくよく考えてみたらサラリーマンは余裕資金でやっている限り、それがたとえゼロになっても生活には何の影響もないのです。
機関投資家と違うので、あわてちゃダメなんだよね。

考えてみれば今年2月には先週以上の暴落がありましたが、気づいたら元に戻っていました(わたしの場合)。
前に書きましたがリーマンショックの時は仕事に集中し、この時も気づいたら暴落前に資産が戻っていました(あくまでわたしの場合)。

世界経済が右肩上がりに成長し続けるという資本主義の大前提がある限りやがては元に戻ることを信じるほかなく、こういう場合はジタバタせず何か別の人生上もっと重要なことに集中したほうがいいと考えています。

と基本首をすくめているのですが、たった一つだけやるべきことがあります。

それは

続きを読む 先週のダウ暴落で900万円ぶっとびました

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

カメラバッグの決定版・マンフロットのストリートバックパックを買ってみた

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

今までカメラバッグはショルダー型のものを使ってきたのですが、モノが取り出しやすい反面、長時間歩きまわると疲れます。長時間の撮影にはバックパック型がいいみたい。

ということでバックパック型のカメラバッグを探してみました。

今回紹介するマンフロットのカメラバッグ。実はこれは4代目。

マンフロットは有名なイタリアのプロカメラマン向け三脚メーカーでしたが、イスラエルのバッグメーカーであるKATA社を買収して総合写真用品メーカーに生まれ変わりました。

最初にKATA社のカメラバッグを使い始めた理由は次の3つです。

  • 安いし丈夫
  • カメラバッグっぽくなくビジネスでも使える
  • 2室+ノートブックPC格納スペースがあり使いまわしがいい

続きを読む カメラバッグの決定版・マンフロットのストリートバックパックを買ってみた

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

寂れた木更津を街撮りしてみた

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

今回の街歩き隊のテーマは千葉県木更津市。
JR木更津駅前を散策しながら撮影しました。

「寂れた」なんて書くと木更津の方々に失礼かもしれませんが、木更津駅前の印象を一言でいうとそんな感じでした。
でも、寂れた街にこそ面白い被写体があるわけで、そこを狙って撮影にいってみたわけなのです。

木更津というと連想するのがアクアラインとTVドラマ「木更津キャッツアイ」。残念ながら私はこのTVドラマを見たことがなく、知っていたのは宮藤官九郎が脚本家ということだけ。アクアラインも何度も使ったことがありますが、あくまで通過しただけ。
まぁ、私とは縁も所縁もない街なのでした。

続きを読む 寂れた木更津を街撮りしてみた

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

来年の手帳もモレスキン&トラベラーズノート併用に決定!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

毎年、この時期になると文具や本屋にたくさんの手帳が並んでいて選択するのが楽しみです。

今年もいろいろ楽しく悩んだ末、モレスキンとトラベラーズノートの併用にしました。このパターンは来年で3回目です。

正しい製品名は

  • 2019 ウィークリースケジュール+ノートダイアリー
  • TRAVELLER’S notebook DIARY 2019 MONTHLY

となっています。

↓ 来年はデニム柄。昨年は黒。今年はカラシ色です。

続きを読む 来年の手帳もモレスキン&トラベラーズノート併用に決定!

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

書評・成毛眞「定年まで待つな!」を読んで気づいた6つの視点

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

私はアラフィフなので定年退職という言葉に敏感です。

定年退職に関する本は最近ブームなのか数多く出ていて、見つけるといつも手にとってしまいます。

数多い定年本の中でもこの本はとても面白かった。この人はマイクロソフト社日本法人の元社長でエリート大金持ちなのですが、語り口が庶民的で親しみがあるんですよ。

「英語はしゃべれるけど、ビジネス英語だけ。いまだに雑談できません」とか「自分より優れた人の話は聞きにいかない。ショックを受けてやる気を失うから」とか。すごく普通っぽい。

今回はこの本を読みながら「そうだよね!」と膝をうった6つのトピックを書きます。

続きを読む 書評・成毛眞「定年まで待つな!」を読んで気づいた6つの視点

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail