Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

さて、前回の続きです。

撮影が終わった後、サムネールを見ながらどのエフェクトで現像しようか考えました。

私はハードモノクローム、森山大道風とでもいうのでしょうか、コントラストが極端な表現手法が好きなのでそれにしようと思っていました。

ところが石岡市の写真をハードモノクロームにするといまいちフィットしない。ハードモノクロームというのは写真のもつ情報量を落として写真家が表現したいモノだけを画像に表示する手法です。

石岡市の被写体はシンプルなので、それをさらにハードモノクロームにしてしまうと単調になってしまうのです。

かといってProvia モードもなー、という気がしました。万人受けするモードですが、きれいに映り過ぎ街の観光案内写真みたいになってしまう気がしました。

そこで間をとって(?)、今回のようなノスタルジックトイカメラ風に現像してみたのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



縮小-DSCF8266

縮小-DSCF8181

縮小-DSCF8205

縮小-DSCF8252

スポンサーリンク



縮小-DSCF8320

縮小-DSCF8224

縮小-DSCF8295

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください