Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

今回はいよいよ吉原を歩きます。大人のお風呂が昼間から営業していますので、カメラを向けないよう注意しながら路地裏を歩いていきます。ここの路地裏が好きなのは赤線時代のカフエ建築がところどころ残っているためです。

先日ご紹介した徳光アナウンサーの番組では、吉原神社の巫女さんに教わってお歯黒ドブの跡を散策していました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




↓カフエ建築。こうした建物がいくつか残っています。
縮小-DSCF9287

縮小-DSCF9290

縮小-DSCF9291
スポンサーリンク




↓デザイナーズマンションなのかな?
縮小-DSCF9292

↓昔の地図では正直楼という店がありました。
その子孫かもしれません。
縮小-DSCF9293

↓朝日楼の跡だったと思います。
今は福祉施設として使われているようです。
縮小-DSCF9295

↓吉原一有名なアパート。
ハートのようにもカブのようにも見えます。
縮小-DSCF9296

縮小-DSCF9299

縮小-DSCF9303

↓こちらも有名なアパート。美しいカフエ建築です。
縮小-DSCF9305

↓この建物、とぼけた顔を模しているようでユーモラスです。
縮小-DSCF9310

↓モリヤという建物です。
縮小-DSCF9315

次はよしわら大門を抜けて山谷方面に向かいます。

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
スポンサーリンク

2 thoughts on “富士フイルムX-T10/XF 35㎜ F2で鶯谷、下谷、吉原、山谷、南千住を歩く(3/5)

  1. 吉原、こんなにカフェー建築が残っていたなんて知りませんでした。
    どうせ今は風俗店しか無いだろうなんていう先入観があったんですよね。
    改めて歩いてみたいです。

    1. お風呂屋街の裏通りにちょこっと残っていますが、年々減っているので掲載したお宅が見れるのもあと数年じゃないかと思っています(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください