トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた

トラベラーズノートのレギュラーサイズを使っていますが、デザインフィルの標準リフィルではなく、代わりにモレスキンをリフィルとして使ってみました。

何度か日帰り旅行のお供に使っていますが快適です。

今回ご紹介するのは表紙の堅いモレスキンではなくチャプターズジャーナルと呼ばれる糸綴じのノートです。

このノートの特徴はふたつあります。

ひとつはチャプターごとに区切られたカラーページがあるので、タイトルごとに科目や仕事を分けて管理することが可能です。

ふたつめの特徴として、特殊な糸綴じ製本をしているので水平に開くことができ、書きやすく見やすいのです。これが標準リフィルやそれ以外の代用リフィルにない特徴となっています。

今回ご紹介するモレスキンのチャプターズジャーナル(スリムラージ)は都心の大きな文具屋でもあまり置いていないため通販を利用するのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

トラベラーズノート標準リフィルの紙質は国内屈指の品質を誇るMDペーパーを使っているだけあり、万年筆使用にも耐えられる優れものです。

ただふたつの不満がありました。

ひとつめの不満として、このリフィルはホチキス綴じなので、水平開きできない点です。

↓ このように指でおさえてやらないと

↓ パタンと閉じてしまいます...オーマイガー!

そこで標準リフィルと同サイズの他社のA4スリムサイズノートを代用リフィルとして考えるわけですが...

↓ 左から、camio、Ca.Crea プレミアムクロス、Ca.Crea 通常版

Ca.Creaは手で何度が押さえれば水平開きができるようになります。

ただ、ふたつめの不満として、標準リフィルでは幅が狭すぎるという点については、標準リフィルと全く同サイズ(スリムA4サイズ)のこれら代用リフィルでも解消できません。

そこで第5の手段として登場したのが、モレスキンのチャプターズジャーナルなんです。

↓ どうです! 押さえる必要なく水平開きできるでしょう!

また、見開きした時の横幅が標準リフィルより約1cmあまり長いため、標準リフィルより広々と感じるのです。

↓ 標準リフィルと比べるとモレスキンの方が若干サイズが大きい(写真の上が標準リフィル、下がモレスキン)

幅を広く感じるとのびのびと考えが広がるように感じますよね!

ただ、欠点もあります。モレスキンは標準リフィルと比べて幅が広いだけでなく厚みも約1.5倍程度あります。

そのため、たくさんのリフィルを綴じると革カバーから少しはみでてしまいます。

気にならなければそれでもいいでしょうが、私ははみ出るのがイヤなので、モレスキン一冊か、モレスキンと標準リフィル一冊ずつにとどめています。

↓ モレスキンx1 と標準リフィルx1 をはさんだ状態

最後に注意点として、モレスキンのチャプターズジャーナルにはスリムポケット、スリムミディアム、スリムラージの3種類があります。今回ご紹介したのはスリムラージになりますので購入する際はご注意を





Share Button
(Visited 171 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

「トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です