「リフィル」タグアーカイブ

ボールペンリフィルの決定版 Romeoのeasy Flowをためしてみた

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

以前、レポした伊東屋のボールペン Romeo No.3を堪能しまくっております。

このボールペンのすごいところはペン自体のバランスはもちろんのこと、リフィルとしてドイツ・シュミット社のeasyFlowを採用したことにあります。

んで、このeasyFlowってなんなのかというと、パーカー互換と言われる標準規格にのっとったリフィルなんのですが、それだけだなく、日本製Jet Streamやアクロボールに匹敵する滑らかさがウリです。

私はボールペンを買うと、外国製のどんなに高いものであってもリフィルは即ごみ箱行き、日本製リフィルに入れ替えるということをします。

つまりはそれだけ日本製の品質が先を行っています。

ただ唯一の例外はシュミットのeasyFlowなんです。easyFlowだけは日本製品と伍した性能をもっています。

伊東屋のRomeの替え芯はeasyFlowのOEMなんですな。

それとなぜか、同じものでも価格をAmazonで比べるとオリジナルのシュミットブランドよりも伊東屋Romeoブランドのほうが安いことを通は知っていって、本家を買わずに安いRomeoブランドを買ったりします。

続きを読む ボールペンリフィルの決定版 Romeoのeasy Flowをためしてみた

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トラベラーズノートのレギュラーサイズを使っていますが、デザインフィルの標準リフィルではなく、代わりにモレスキンをリフィルとして使ってみました。

何度か日帰り旅行のお供に使っていますが快適です。

今回ご紹介するのは表紙の堅いモレスキンではなくチャプターズジャーナルと呼ばれる糸綴じのノートです。

このノートの特徴はふたつあります。

ひとつはチャプターごとに区切られたカラーページがあるので、タイトルごとに科目や仕事を分けて管理することが可能です。

ふたつめの特徴として、特殊な糸綴じ製本をしているので水平に開くことができ、書きやすく見やすいのです。これが標準リフィルやそれ以外の代用リフィルにない特徴となっています。

今回ご紹介するモレスキンのチャプターズジャーナル(スリムラージ)は都心の大きな文具屋でもあまり置いていないため通販を利用するのがよいでしょう。

 

続きを読む トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

文具おやぢ・どんぐり型のシュナイダーのIDボールペンで遊んでみる。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

先日、東急百貨店吉祥寺店7Fにある文房具店「カルトレリア」で面白いボールペンを見つけたので買ってみました。

このボールペン、気に入ったのがその突飛な形状、書き心地のよさ、値段でした。ドイツ製のしっかりしたつくりでありながら2000円弱です。

今回はこのボールペン、シュナイダー社製IDボールペンをレビューしてみます。

続きを読む 文具おやぢ・どんぐり型のシュナイダーのIDボールペンで遊んでみる。

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

文具おやぢ・ステッドラーの多機能ペン、アバンギャルドにジェットストリームリフィル

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

久しぶりの文具おやぢです。

今回はステッドラーの多色ボールペン、アバンギャルドです。

もともとこのボールペンを買うつもりはなく、買おうと思ってたのは発売されたばかりのパイロットのアクロドライブでした。

なんでまたアクロドライブからアバンギャルドなのか?そしてアバンギャルドをどう使っているかをご紹介します。

 

続きを読む 文具おやぢ・ステッドラーの多機能ペン、アバンギャルドにジェットストリームリフィル

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail