「モレスキン」タグアーカイブ

バレットジャーナル失敗日記

最近、バレットジャーナル (BJ)が大人気。

先日、渋谷の伊東屋でロイヒトトゥルムの名入れサービスをやっていて、そこの店員さんがお客さんにBJやBJ本を教えていました。

ブームになりそうな雰囲気...

で、新しいもの好きな私はかつてやろうとしたんですけど、挫折(笑)。

ただBJの考え方のエッセンスを取り入れて日々の手帳術に生かしております。

今日はそこんとこを書いていこうと思います。

続きを読む バレットジャーナル失敗日記

Share Button

トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた

トラベラーズノートのレギュラーサイズを使っていますが、デザインフィルの標準リフィルではなく、代わりにモレスキンをリフィルとして使ってみました。

何度か日帰り旅行のお供に使っていますが快適です。

今回ご紹介するのは表紙の堅いモレスキンではなくチャプターズジャーナルと呼ばれる糸綴じのノートです。

このノートの特徴はふたつあります。

ひとつはチャプターごとに区切られたカラーページがあるので、タイトルごとに科目や仕事を分けて管理することが可能です。

ふたつめの特徴として、特殊な糸綴じ製本をしているので水平に開くことができ、書きやすく見やすいのです。これが標準リフィルやそれ以外の代用リフィルにない特徴となっています。

今回ご紹介するモレスキンのチャプターズジャーナル(スリムラージ)は都心の大きな文具屋でもあまり置いていないため通販を利用するのがよいでしょう。

 

続きを読む トラベラーズノートの代用リフィルとしてモレスキンを使ってみた

Share Button

レザー・エイジング物語 (1) ・・・モレスキン・ポケットカバー 7年モノ

革製品が大好きなのでなんでもかんでも革カバーかけちゃうんですよねー。

そいでもってその革のエイジングが進んで自分だけの風合いに変わっていくってのがいいです。

今回ご紹介するのは2011年9月に購入したモレスキン・ポケット用のレザーカバーです。

楽天やリアル店舗では丸善や伊東屋でも購入可能なスリップオン社製です。

革は使うにつれて風合いが変わっていくイタリア製ナチュラル・タンレザー。

が...

すでにスリップオンのモレスキンカバーはディスコンになっているみたい...(涙)

冷静に考えてみれば堅くて丈夫な表紙が売り物のモレスキンなので敢えて別売のカバーなんて必要ないんだよね(笑)

そんなんもあって消えちゃったんじゃないでしょうか?(笑)

まぁ、それはおいておいて、このカバーは自分的には最もいい感じにエイジングできた一品です。

特に工夫したり大事に使った覚えはないのですが...
よくぞここまで育ってくれたって感じです(笑)。

別記事でも紹介しますが、よく育ってくれた子と、なんでこんなにグレちゃったんだろう、親の育て方が悪かったのかと自分を責めたくなるほどイケてない子もあります(笑)

続きを読む レザー・エイジング物語 (1) ・・・モレスキン・ポケットカバー 7年モノ

Share Button

激安!モレスキン・ノート発見!

今回は意識高い系の人々に絶大な人気をほこるモレスキン・ノートのお話。

もともと文具おやじになったきっかけは一冊のモレスキンノートを買ってからなのですが、最近はほとんど買ってません。

理由は簡単でいろんなネットで言われている通り

高い

紙質悪い

という製品だからです。とはいいつつもそれなりに風格のある商品なんで今年のダイアリーはモレスキンのラージサイズだったりします。

それでこのモレスキン、ブランド力が強力なせいで今まで一度も値引きされて売っているところをみたことがありません。日付入りのダイアリーが6月くらいにたたき売りされているのは見たことがありますけど、それくらいなモンです。

が、今月にはいって2か所でモレスキンの普通のノートが激安で販売されているのを発見し、たまらず保護してしまいました(笑)。

保護数は、ラージサイズx4、ポケットサイズ x 3の計7冊にのぼります。使いきれないじゃん(笑)。つまりはそれだけ安かったということです。

一方、モレスキンにはいろんなところからパクリ製品が出ていてダイスキンとか、セリスキンといったのが100円程度で売られています(笑)。

が、今回はそんなんじゃなく本物の話なんです。

続きを読む 激安!モレスキン・ノート発見!

Share Button

文具おやぢ・プラチナの古典インク2本目「セピアブラック」をモレスキンでためしてみる

先日、ご紹介したプラチナの古典インク「シトラスブラック」が気に入ったので、同じシリーズの「セピアブラック」を試してみました。

結論から言うと、シトラスブラックのような書くそばから色が変化していくサプライズはありませんが、控えめな調子の褐色がフツーにいいインクです(笑)。

続きを読む 文具おやぢ・プラチナの古典インク2本目「セピアブラック」をモレスキンでためしてみる

Share Button

文具おやぢ・プラチナのクラシックインク「シトラス・ブラック」をモレスキンのノートに使ってみた

先月、プラチナ万年筆から面白いインクが登場しました。

クラシックインクシリーズの六色です。今回はその中の一色「シトラスブラック」を試してみました。このインクは染料インクの一種ですが、二つの特徴があります。それは書いているそばから色が少しずつ変わっていく点と、染料インクの弱点である耐水、耐光性を克服している点です。

といってもなんのことやらわからないと思いますので、まずは染料インクと顔料インクの違いからご説明します。

続きを読む 文具おやぢ・プラチナのクラシックインク「シトラス・ブラック」をモレスキンのノートに使ってみた

Share Button

文具おやぢ・モレスキンへ活版印刷で名入れすると愛着100倍!

文具おやぢになったきっかけは、数年前にモレスキンノートのかっこよさとジェットストリームの書き心地に痺れてしまったことです。それまでほとんど文具にお金を使わなかったのが、高級ノートや万年筆にお金を使い妻に睨まれる生活を送っています。

ノートに関して最近はモレスキンを買うことはほとんどなくなっていました。私は仕事でもプライベートでも紙の使用量が多く、コスト的に釣り合わないためです。また、値段の割に紙質が低く万年筆で裏抜けするのも気に入りませんでした。

が、あることがきっかけで再びモレスキンを使い始めています。

スポンサーリンク



続きを読む 文具おやぢ・モレスキンへ活版印刷で名入れすると愛着100倍!

Share Button

文具おやぢ・モレスキンを大人買いする

数年前に、文具おやぢをはじめるきっかけになったのは文具店でモレスキンを見てからでした。

なんてったってかっこいい。

 

そのうち使わなくなったのは、のちに万年筆を使うようになり、モレスキンの紙質だと裏抜けしてしまうことと、あまりにも値段が高いので他社の高級ノートを使うようになったのでした。

今回またモレスキンを買ったのは、最近再びボールペンを使い始めたからです。ボールペンならモレスキンでも問題なく使えます。



続きを読む 文具おやぢ・モレスキンを大人買いする

Share Button