「スリップオン」タグアーカイブ

レザー・エイジング物語 (4) ・・・ロディア#10・革カバー 3年モノ

ロディアのNo.10は数あるロディアメモの中で最小サイズです。

ナノ(Nano)なんて別名もあります。

とにかく小さいので常時胸ポケットにいれておき、仕事、プライベート両方で活用しています。

電車の中の吊り広告で「ひたち海浜公園」という文字を見つけ後で調べておこうと思ったらすぐに取り出して書いておきますし、友達が会話でアヒージョと言って「なにそれ、どうやって作るの?」と思ったらすかさずメモっておきます。

帰宅してからNo.10にある単語をグーグル先生に聞くのです。

四六時中使っているので、このシリーズで紹介している革製品の中で最も変化が激しいです。

わずか3年なのに...

↓ 買った時は鮮やかなオレンジでした。これがどう変わるでしょうか?

続きを読む レザー・エイジング物語 (4) ・・・ロディア#10・革カバー 3年モノ

Share Button

レザー・エイジング物語 (2) ・・・ロディア#12・革カバー 6年モノ

革製品のエイジングを確認するシリーズです。

今度はロディアのNo.12

ロディアと言えば一回り小さいNo.11が定番だけど、私はあえてこちらを使っています。

もともと仕事のタスクリストを書くために買おうと思ったのですが、タスクリスト以外にも立ってメモしたりする機会もあるので少し大きめの12にしたのでした。

タスクリストだけならNo.11でもいいですが、たくさん書くことを考えるとNo.11じゃぁ手のひらに埋もれてしまい、書きづらいと思ったのでした。

さてカバーなのですが、有名なスリップオン社製です。こちらは前回のモレスキンカバーと違って今でも販売されています(汗)。

購入は2012年9月です。仕事カバンに常に入っていてウィークデーは毎日使っています。

六年間でどれだけ変わったでしょうか?

続きを読む レザー・エイジング物語 (2) ・・・ロディア#12・革カバー 6年モノ

Share Button

レザー・エイジング物語 (1) ・・・モレスキン・ポケットカバー 7年モノ

革製品が大好きなのでなんでもかんでも革カバーかけちゃうんですよねー。

そいでもってその革のエイジングが進んで自分だけの風合いに変わっていくってのがいいです。

今回ご紹介するのは2011年9月に購入したモレスキン・ポケット用のレザーカバーです。

楽天やリアル店舗では丸善や伊東屋でも購入可能なスリップオン社製です。

革は使うにつれて風合いが変わっていくイタリア製ナチュラル・タンレザー。

が...

すでにスリップオンのモレスキンカバーはディスコンになっているみたい...(涙)

冷静に考えてみれば堅くて丈夫な表紙が売り物のモレスキンなので敢えて別売のカバーなんて必要ないんだよね(笑)

そんなんもあって消えちゃったんじゃないでしょうか?(笑)

まぁ、それはおいておいて、このカバーは自分的には最もいい感じにエイジングできた一品です。

特に工夫したり大事に使った覚えはないのですが...
よくぞここまで育ってくれたって感じです(笑)。

別記事でも紹介しますが、よく育ってくれた子と、なんでこんなにグレちゃったんだろう、親の育て方が悪かったのかと自分を責めたくなるほどイケてない子もあります(笑)

続きを読む レザー・エイジング物語 (1) ・・・モレスキン・ポケットカバー 7年モノ

Share Button