Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

半年前に購入したトラベラーズノート・ブルーエディション(2015年限定版)は未だに机の引き出しの中にストックされたまま。

そろそろ日に当てたいなと思い、リフィルとしてプラスのヒット商品・Ca.Creaを購入しました。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近、ブログを見ているとトラベラーズノートのリフィルとしてミドリの純正品だけでなく、プラスのCa.Creaやモレスキンのチャプターズ・ジャーナルをいれるのが流行っているようなのです。

このノート、横幅がA4サイズの1/3より若干大きいところがミソで、A4の書類を3つ折りにして挟みこめるサイズです(まったく同じ大きさだとはみ出てしまい綺麗に挟み込めない)。

私は仕事でなくライフログとして使おうと思っているので書類サイズ云々には興味がなく、このノートの手作り感あふれるホノボノした印象が気に入って購入したのでした。

最初はトラベラーズノートに挟み込んで使おうと思っていたのですが、開封していじっているうちにこのまま普通に使えばいいんじゃないかと思い始めました。

スポンサーリンク

↓ 開封の儀
縮小-Office Lens_20151025_192743_processed

↓全部で14色あり、これは「みかん」。そのほかに「しゅ」、「ぼたん」、「こすもす」、「からし」...なんてのがそろっています。背表紙の布はミドリのMDノートに似ていて温かい雰囲気を醸し出しています。
縮小-Office Lens_20151025_192824トリミング

↓私は万年筆を使うので、新しいノートを使うときいつも裏ぬけしないか気になります。パイロットのカスタムヘリテイジ91および92、インクは色彩雫で試しました。残念ながら抜けてしまいました。
写真の上半分が万年筆。下がボールペン。ボールペンはジェットストリームとアクロボールですが、いずれもOKでした。
縮小-WP_20151025_19_29_27_Proトリミング

↓糸かがり製本なので、水平に開きます。
縮小-WP_20151025_22_32_44_Pro

紙は目に優しいクリーム色。5ミリ方眼は主張しない色使いなので気になりません。

そのまま使おうと思ったのは、ノートそのものの雰囲気がいいのでわざわざトラベラーズノートの革カバーで隠してしまうことはないだろうと思ったからなのです。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください