Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

私の使う筆記具はほとんどボールペンか万年筆でシャープペンは日常ほとんど使わなくなっていました。

マークシート試験用にプラチナのプレスマン、ぺんてるのグラフギアが一本ずつあるぐらいでした。

そうはいっても少しずつシャープペンへの関心が高まってきたのは増え続ける多機能ボールペンに必ずシャープペンメカがついているからです。

最近のシャープペンは芯が丈夫でなかなか折れないですし、書き味もなめらかです。それに消せるってあたりまえですが素晴らしい(笑)

そんな気持ちになっていたところ、ヨド吉で偶然見つけたのが、ぺんてるの限定版シャープペンシル BOYS & GIRLSです。

スポンサーリンク



↓ こういうラインナップでターゲットは若いカップルらしい。芯と消しゴムも同じテイストで揃えています。
* 画像勝手に使ってごめんなさい
p200_release_main-670x438

ネーミングからして若向けの製品におぢさんが食いついてしまったのは、その色です。
右端のピンクにびびーんと来てしまいました。最近はただのピンクではなく「コーレルピンク」と呼ばれるカラーが文房具にどんどん採用されてきています。

私はこのカラーが大好きで数年前にLAMY サファリの限定カラーで登場した時も即断即決でポチしました。

コーレル(珊瑚)とゆーより鮭、サケ、シャケを連想し大食いな私はテンションが上がるのですよ(笑)。

というカラーに惚れて購入したこのシャーペン、結構登場頻度が高いのです。

というのも値段の割につくりが非常にしっかりしており、書きやすいのです。その理由をいくつか考えてみました。

↓ 全体のフォルム。スマートかつシンプル。
wp_20161201_22_05_43_pro

↓ペン先の秘密。芯をガイドする先端パイプを長くとり、芯が折れづらくなっています。また、ボディにリング状の溝が掘ってあり、滑りづらくなっています。
wp_20161201_22_05_28_pro-1

↓ボディをよく見ると円でなく12角形なんです。なのでもちやすい。また、真ん中が極わずか樽状に膨らんでおり、これも持ちやすさに寄与しています。
wp_20161201_22_05_17_pro

こんなわけでシャープペンも使うようになってきたので、何年ぶりくらいにシャーペン芯を買いました。濃くて柔らかいのが好きなので2Bで。最近の芯は技術革新が進んだせいかポキポキ折れたりしないのですね。
wp_20161201_22_06_43_pro

スポンサーリンク



Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください