Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

今回の御朱印の旅は大田区の蒲田周辺です。

蒲田周辺というは結構ディープゾーンでして、神社以外にも赤線跡とか昭和な居酒屋とか散歩するのが楽しい場所なんです。
それに蒲田周辺と言っても結構広い。
駅にしたってJR蒲田駅ほか、東急蒲田駅も京急蒲田駅もあります。
JR蒲田と京急蒲田の間は500メートルくらい離れているのですが、その間にある飲み屋街もフォトジェニックで楽しすぎるのです。

そんなわけで、JR蒲田駅をはさんで今回は西口側、次回は東口側と2回に分けて記事を作ることにしました。

回ったところは

  • 神社・・・3か所
  • ディープ飲み屋街・・・2か所
  • 青線跡っぽいところ・・・1か所

の計6か所を散歩してみました。

 

武蔵新田で新田神社を参拝

 

蒲田へ行く途中、東急多摩川線・武蔵新田駅で途中下車。
多摩川線は滅多に乗らないのですが、のんびりしていていい感じ。
田舎の駅みたいに反対ホームにわたるのに踏切を渡るんですよ。この駅。

さて、武蔵新田なのですが、戦後すぐ赤線ができたことで有名です。
10年位前、赤線跡歩きにはまっていて一度だけここに来たことがあるのですが、すでに赤線の痕跡は消えていました。
武蔵新田の赤線はアパートタイプの建物だったので、売防法施行とともに住宅街に紛れてしまったのでしょう。

旧赤線街のエリアのすぐそばに新田神社があります。

新田義貞の神社かと思ったら義貞の次男・義興を祀っています。

家族連れが記念撮影をしていたりして、愛されている感があります。

境内に巨大なご神木があります。迫力満点!

新田神社で御朱印をいただいた後、武蔵新田駅へ引き返し、蒲田駅へ。

7,8分で着いちゃう近さでした。

 

蒲田バーボン・ロードをぶらつく

 

東急多摩川線の高架に沿った通りの両側に飲み屋さんが鈴なりになっているのが、蒲田のバーボン・ロード。
バーボンっぽいお洒落さはなくて、焼酎やヤキトンの香りが似合う通りです。

昼間から飲める店が多いのもいいです♪

↓ 昼から飲める定食屋さん。入ろうとおもったのですが、中が狭すぎで今回は遠慮しました。

バーボン・ロードを抜けて北へ上がると御園神社。
社務所はあるのだけども御朱印は近くの蒲田八幡神社で提供とのことでした。

 

東京蒲田病院裏・謎の飲み屋街

 

御園神社からさらに北に上がるとぶつかるのが、病院裏の飲み屋街。

半分は既に衰弱死しています。

ドアのたてつけ、丸みを帯びたカフェー建築。
記録にはないけれどもかつての赤線建築そのものなんだよなー。
今時、こんな建物が東京23区内に現存しているのが不思議。

このカーブの庇の建物の向かい(車が止めてあるところ)にも同じ形の建物があったのですが、そちらは取り壊されていました。

病院の横を抜けて住宅街に入ると見えるのが女塚神社。
名前のように小さくてかわいらしい神社。
無人でした。

摂社の拝殿をニャンコが占領しておりました。

住宅街にみつけた女塚神社の門柱。
昔の地所はここまであったということなんだろうな。

 

東京工科大学横・謎の飲み屋街

 

女塚神社を参拝したところで、予定修了、さあ、駅まで戻ろうと思ったら不思議な一角を見つけました。
スーパーホテルの前あたりです。
蒲田は「なぞ」だらけです(笑)。

細道を抜けると白亜の東京工科大学キャンパス。

あのショーワな一角は夢だったのでしょうか(笑)。

と思っていたらちょうどお昼。

バーボン・ロードでヤキトンたのんで昼のみ。

いい気分になって帰りました♪

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください