「つれづれ」カテゴリーアーカイブ

とっとと消えてなくなってほしいもの・・・現金、印鑑、年号

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

学校を終えて社会人となってはや30年。

大学卒業してからうざいな、と思っていたのが現金、印鑑、年号の3つです。
これらは自分が現役である間に消えてなくなるだろうな、と思っていたらいまだにしぶとく生き残っています。

まずは現金

これは若いころはなくなる期待感はそれほどありませんでした。現金が当たり前だったからです。

でも、もういいっしょ。引退してもらっても。

電子化したほうが家計簿つけるのも楽だし、公共交通機関でもレストランでも支払いがはやいし、ウンコなみに大腸菌がまぶしてある紙幣・貨幣に触らずに済むのは衛生上大変いい。

支払いの行列の中でゴソゴソ財布をいじっている人を見ると「時間ドロボー」と叫びたくなります。

お隣の中国なんて路上生活者でさえスマホ払いをやっているのだから、日本でできないわけはないです。

飲食店はクレジットカード払いにするとカード会社への手数料支払いが経営を圧迫すると言っているところがありますが、現金ので締めると勘定のために従業員に残業代払ったりしているわけでしょう?

LINE Payみたいに何年間は手数料無料の手段も出てきています。

いい加減にかわろーよ!



次は印鑑

これは若いころから本当にウザいと思っていました。
なぜ、サインではいけないの?という疑問は今でも膨らむばかりです。今はやりのスマホアプリの二要素認証がわりになってセキュリティ強化につながるとかの合理的理由があるのでしょうか?

社会人になったとき、シティバンク銀行(現・SMBC信託銀行)が口座開設にサインのみでOKでえらく感動した思い出があります。

もうそろそろ消えてなくなるころかなと思っていたら、相変わらずパスポートや金融機関の口座開設に印鑑がいることがわかって愕然としました。いつまでこんなバカな風習を続けていくつもりなんだろう。

街の印鑑屋さんを守るためなんだろうか?

メリットがどうもわからないので、印鑑協会?っぽいところのサイトを見ていたら、面白いことが書いてありました。メリットとして

忙しい経営者が押印を部下に委託できる

サインではこーはいかないと誇らしげに書いてありましたが、おかしいでしょ、コレ。

部下が承認できるような内容なら業務規程を変えて決裁権を委譲すべきだし、経営者が決済すべき内容を部下がやっているのなら、重大なガバナンス違反でしょ。

もう、やめようよ、印鑑

最後に年号

私は昭和の人間、来年は平成が終わってしまうということもあり、年号には愛着と郷愁を感じます。

でも、それと仕事とは別。官公庁の文書や企業の中期計画に年号で年度がふってあったりすると、年号を西暦になおす、年を年度に直すという2段階の脳内変換が行われ、大変疲れます。

みなさんは平成35年と言われて何年後で西暦何年なのかがすぐ思い浮かぶのでしょうか?
私の脳は西暦が標準なのでダメです。考えちゃいます。

せめて、和暦・西暦併記してもらいたいもんです。

意識したい他者の目線

この3つがなくなればいいと思っているのは自分自身に納得感がないせいもありますが、それ以上に職場環境の変化があります。

私の職場には外国人が多く入ってきています。彼らは日本人にはないスキルをもち、そのうえで日本語や数々の習慣を身につけようと悪戦苦闘しています。

そういう人たちに「無駄」でなんの意味もなさない習慣を押し付けたくないのです。

こういうことを言うと

そんな人は日本にいなければいい

などと言い返してくるバカがいますが、もう日本って国は世界で唯我独尊できるほど強い国じゃないんですよ。

観光客のインバウンドだけでなく、ほかの面でも多くの外国人のスキルが必要なんですよ。

多くの人に来てもらうためにはできるだけ敷居を下げたほうが絶対いい!

というわけで、日ごろ思っていることを吐き出してみました。
あー、すっきりした(笑)。



Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の舞台・銚子を歩く

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Radikoを聞いていたらいいなぁ、と思う曲があり、早速Youtubeで検索。

8.18から公開されているアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌「打上花火」でした。

曲を聴きながらMVを見ていると、どこかで見たことある風景

巨大な風力発電機、ツートンカラーのレトロな電車と車内の料金箱、そして灯台の形状。海へ向かう坂道と海の色からして3年前に何度も撮影に行った銚子が舞台だとわかりました。

アニメ「あの花」で有名になった秩父のように、この映画がヒットすれば銚子もアニメ聖地として多くの人が訪れるようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク



続きを読む 映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の舞台・銚子を歩く

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

4月15日 桜吹雪の吉祥寺・井の頭公園

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

毎年桜の季節になると通勤前に井の頭公園によって撮影してから出社することが多いのですが、今年はほとんどありませんでした。

というのはすっきり晴れた日が少なかったからです。桜を撮影する場合、テクニックよりもバックが青空かどうかが作品の出来に影響します。

なので曇り空はもちろん、少し霞がかかっている程度でも撮影する気分が減退してしまいます。

ところが、今朝は青空の土曜日。時折強い風が吹くとの予報。しかも桜は散り始めている...

もしかしたらいいものが撮れるかもしれない。

それはもちろん桜吹雪です。ワクワクしながら公園に向かいました。

続きを読む 4月15日 桜吹雪の吉祥寺・井の頭公園

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

4月4日 朝の吉祥寺・井の頭公園 桜見物

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

前回の記事(4月2日)に続いて井の頭公園の桜の記事です。

今朝は雲一つない晴天。こんな日は桜を見に行きたくなります。

結論からいっちゃうと満開でなく7分咲きくらい、まだまだ見れます。

全体的な桜の咲き具合はこんな感じです↓

でも、一部の木は満開になってます。そちらも見てみましょう!

スポンサーリンク



続きを読む 4月4日 朝の吉祥寺・井の頭公園 桜見物

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

吉祥寺・井の頭公園の桜見物

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

今年もやってまいりました。桜の季節。

東京は開花宣言が出されてから寒い日が続いておりなかなかパァと満開とは参りません。

アマチュアカメラマンの私としては満開に無風、晴天という条件がそろわないと写欲がわかないのですが、そうこうしているうちに散ってしまうので曇りがちな空を恨みつつ、お昼前の井の頭公園に行ってみました。

スポンサーリンク



続きを読む 吉祥寺・井の頭公園の桜見物

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

早稲田大学理工の学園祭 第63回理工展の「写真表現 2016」に衝撃!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

若い人がはじけているのを見るのが好きでよく高校や大学の学園祭に行きます。

近所の学校だったり、子供の通っている学校だったりしますが、一番の動機は自分が高校時代、大学時代に楽しんだ記憶があるからです。

そんなわけで今日、明日開かれている早稲田大学の理工系学部の学園祭に行ってきました。

キャンパス中庭では元気のいい、よさこい集団「東京花火」の演舞、各学部棟では理工系ならではの「粉塵爆発」観察なんてのもあり、とても楽しめました。

なかでも今回すごい収穫だったのはパンフに小さく書かれていた「写真表現 2016」という展示でした。

スポンサーリンク



続きを読む 早稲田大学理工の学園祭 第63回理工展の「写真表現 2016」に衝撃!

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

高円寺フェス 2016 - 秋の大文化祭 - に行ってみた

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

高円寺というと中央線文化の中心地で、高円寺阿波踊りとか高円寺大道芸大会とか、年中お祭りをやっているような賑やかなところです。

学生やアーティストのタマゴみたいな人が多く住んでいて、庶民的なお店がたくさんあります。

その高円寺で高円寺フェスというイベントをもう10年もやっているということを先日、電車の釣り広告で知り、早速行ってみたのでした。
%e7%b8%ae%e5%b0%8f-wp_20161030_14_27_55_pro

結論から言うと、このイベント、駅前の商店街の様々なところでゲリラ的にライブがあったり、大道芸があったりしてかなり楽しい。

来年もいこっと♪

スポンサーリンク



続きを読む 高円寺フェス 2016 - 秋の大文化祭 - に行ってみた

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

昭和レトロな絵画展・・・大倉ひとみ個展 「町のかけら」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

私は絵画に関する知識はほとんどありませんが、大倉さんの絵画だけは大好きで、個展があると見に行きます。
大倉さんの絵画は、昭和な雰囲気が残るレトロな街並みをモチーフにしていて、人はほとんどなく、建物が主体です。

でもじっと見ているとその古い建物が見る人に語りかけてくるように思えます。

木村聡の名著「赤線跡を歩く」に挿絵をいれていますから、そういった絵画に興味のある人はばっちりはまるでしょう。

続きを読む 昭和レトロな絵画展・・・大倉ひとみ個展 「町のかけら」

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

映画 シン・ゴジラに男泣き

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

遅ればせながら見てきました。シン・ゴジラ...

既にネットでいろいろな評がでていますが、この映画を見て私は何度も涙がポロポロでてしまいました。あんまりそういう反応をする人は聞いたことがなかったので、涙ポロポロしたポイントを感想としてメモしておきました。

%e7%b8%ae%e5%b0%8f-wp_20160919_14_08_05_pro-1
(↑ 伊勢丹新宿店のゴジラ模型。撮影許可済み)

ちなみにうちの嫁さんは「つまらんかった...」という寂しい感想でした。人の感じ方は天と地ほどの違いがあることの好例だと思います(涙)。

以下、ネタバレ含みます。

スポンサーリンク



続きを読む 映画 シン・ゴジラに男泣き

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

7秒しか記憶できない女性と人が写真を撮る理由

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

先日、TVで興味深いドキュメンタリーをやっていました。それは三重県に住む40代の女性を追った番組です。

この女性は数年前にウィルス性の脳炎にかかり、とても残酷な後遺症になりました。

それは記憶が7秒しか持たず、それ以前のことはほぼすべて忘却されてしまうという症状です。

人は五感から得た情報を頭の中にある海馬というところで短い時間だけ記憶します。海馬では記憶を、忘れるべきもの、意識しておくもの、ずっと覚えておくべきもの(長期記憶)に振り分けます。彼女は脳炎により海馬が委縮してしまったために7秒より前の出来事を記憶できなくなったのです。

ただ、病気になる前に覚えたことや、体を使って繰り返し繰り返し練習したことは覚えられるので、日常会話や車の運転などは可能です。

この番組に惹きつけられたのは二つの理由があります。

続きを読む 7秒しか記憶できない女性と人が写真を撮る理由

Share Button
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail