Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

特に必要はないのだけど、ちょっと試してみたいという欲求に逆らえないことがあります。

もう万年筆はたくさんもっているので本当はいらないのですが、文具店で見かけたパイロットのカクノ、可愛らしいパッケージングに魅かれ使ってみたくなりました。

もし、気に入らなくなって使わなくても1000円だし、無駄遣いとはいえない、と言い訳をしつつレジへ(笑)。




スポンサーリンク

この万年筆、パイロットは万年筆ユーザーの裾野を広げるために発売した入門用の格安万年筆です。今まで使っていなかった人に最初の一本として買ってもらうための商品に見えます。
ニコニコマークのついたペン先、買いやすい値付けは成人よりも学童をターゲットにおいているようです。

ただ、子供向けというと全然そんなことはなく、大人が使っても普通に使いやすい、そんな万年筆です。
ポジショニングが似た製品としてはペリカーノ ジュニアがあります。

↓ パッケージング(表)
縮小-WP_20151213_14_35_14_Pro

↓パッケージング(裏)
縮小-WP_20151213_14_35_37_Pro

↓容器の中はコレだけ。カートリッジが一本ついているのですぐに使えます。
縮小-WP_20151213_14_38_46_Pro

スポンサーリンク

カートリッジを挿入して数分経つとインクがペン先にしみわたり書けるようになります。まず、非常にもちやすく、自然と指先がグリップのベストポジションにつくように工夫されています。
ペン軸は鉛筆のような六角形、ペン先のグリップはまるっぽい三角形でちょうとオニギリのような形です。
縮小-WP_20151213_14_39_13_Pro

似たような工夫がされている万年筆としてラミーのサファリがあります。サファリも指先がベストポジションにくるようにグリップが切ってありますが、カクノのほうがグリップの形状を意識せず自然に持てるよう考えられています。

インクフローはなかなかいい感じ。ただ、ペン先はステンレスなので硬めでカリカリして、それはそれで気持ちいい書き味です。

不思議なのは万年筆に必ずついているクリップがないことです。
シャツのポケットに入れるような人(オトナ?)はターゲットにしておらず、筆入れに鉛筆とボールペンと消しゴムとカクノを一緒にジャラジャラいれておくような生徒、学生の利用シーンにあう設計をしているのでしょう。

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-O 細字 オレンジ

新品価格
¥746から
(2015/12/26 18:19時点)

↓ カクノの机上のポジション。
ペンケースに大事にしまっておくような万年筆ではないので、使いたいときにすぐ使えるよう机の上にたてています。
ペン立てはパイロットのボールペン・タイムラインについてきたものです。
縮小-WP_20151226_17_42_33_Pro

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください