Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

* 旧ブログには276個の赤線跡に関する記事が掲載されております。コチラもご覧ください。

-----------------

前回の続きです。

ちちぶ銘仙館の周りは閑静な住宅街なのですが、ところどころに廃墟になったスナックがあります。

↓最も特徴的な建物

縮小-R0037458

 

縮小-R0037460

↓もうひとつの入り口の装飾が風雅です

縮小-R0037464

縮小-R0037461

↓縦の木材はなんでしょうか?かつての顔見世を擬しているのかな?

縮小-R0037463

↓さらに歩くと別の廃墟スナック。羊山へ向かう観光客を誘導する警備員さんが写っています。

縮小-R0037470

次は駅のまわりの現役スナック街を歩いてみます。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください