Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

今年初めての投稿。さぼりすぎ(汗)

年初に恒例の街歩きワークショップ修了展を展示しました。このワークショップは11年間にわたって実施され、今回が最後になりました。I先生、ありがとうございました。

今回は愛機X-T30 とXF 35mm F2で撮影した3作品をA3ワイドでプリントしたものを展示しました。

フィルムシュミレーションはETERNAを初めて使いました。いつもはスタンダードなPROVIAを使うことが多いのですが。

今回の作品は都市を撮影したものですが、郷愁をそそるトーンにしたかったので彩度の低いETERNAにしたのは成功だったと思います。今年はETERNAを中心に作品作りをしようと思います。

それと一緒に参加した人の意見から、X-T30のパワーをあらためて感じました。

  • 電線にまったくフリンジがないよね
  • 電柱の変圧器の存在感がすごい

言われてみればそうか、と気づいたのですが、たまたま丸の内の富士フイルムプラザでやっているシルクロードをテーマにした写真展

三田崇博写真展
「絹道遺産-Silk Road and the World Heritage-」

を見ていて気づきました。描写がとても繊細なんです。繊細さは立体感を表現してくれます。変圧器の存在感というのも、富士フイルム独特の表現なのでしょう。

展示した作品を掲載しておきます。

↓ 赤坂

↓ 国道駅

↓ 六本木

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください