文具おやぢ・初めてのトラベラーズノート おやぢスタイル

Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0

年明けにトラベラーズノートを購入したのですが、しばらく封を切っていませんでした。衝動買いだったので、どういうスタイルで使っていけばいいのかよくわからなかったからです。それにこのノートは若い人が使っていることが多く、50過ぎて使い始めるというのが照れくさかったのです。

いろいろ迷った末、次のようなスタイルで常時携帯することにしました。

  1. できるだけカスタマイズしない
  2. お財布代わりにする
  3. リフィルは無理やり綴じない

まず1.なんですが、できるだけ製品そのままで使うことにしました。トラベラーズノートが多くの人から支持を得ているのはシールとかチャームを工夫することで個性を演出できるからからです。でも私の場合は、職場にも携帯したいのでできるだけ地味なほうがいいと思いました。ちょっと堅い職場なんです(*_*)。

2番目の財布についてなのですが、財布ってほっておくといらない会員カードや割引券などでどんどん肥大化していくんですよ。お金で肥大化するならいいんですが、そうじゃなくゴミみたいなもので太っていくんです。なんでジッパーケースを財布代わりにすることで荷物の軽量化をはかりたいと思いました。

3番目なのですが、ネットを調べるとユーザーの悩みの第一位は綴じヒモの玉です。これがゴロゴロしているため、ノートが平面にならず書きづらいという悩みが多く、それを解消するためにいろんな改造方法がYoutubeに紹介されています。

ただ、これはリフィルをノートから外せばいいのであって、外出目的ごとにリフィルを替えたいと思っていたこともあり、自分には検討項目たりえないと思いました。私は綴じヒモや連結バンドで綴じる代わりに手軽にリフィルを取り外せるリフィル クラフトファイルを使うことにしました。

スポンサーリンク



うーん、買ったまんまな感じ(笑)

表紙を開くとパンナムのジッパーケース

クレカや免許など...頻繁に使うものだけ持ち歩くようにしよう!。ジッパーケースはリフィルクラフトファイルと連結バンドで綴じています。

ジッパーにはお札を少々。小銭入れを用意しなかったのは、電子マネーが普及して持つ必要性が薄くなったためです。

リフィルクラフトファイルはノート本体の綴じヒモで留めています。白い紙は喫茶店でもらったナプキン。インク吸い紙の代わり

リフィルクラフトファイルのポケットにいれているのは軽量紙です。軽量紙は通常のリフィルの倍、128ページあります。紙が薄くて頼りないと思ったのですが、万年筆が裏抜けしたりしません。ガシガシ書けます。それにこの紙、表面が柔らかいためか、スチールのペン先でもカリカリしません。お買い得なリフィルだと思いますよ。

書くときは本体から取り外すことが多いです。

スポンサーリンク



リフィルクラフトファイルを裏返すと、フリーダイアリー。映画「シン・ゴジラ」を見に行ってもらったステッカーを遠慮がちに貼っています。

フリーダイアリーのページの右端を切り落とし、当月のページにいきやすくしています。

フリーダイアリーはフィルムポケットシールとペンホルダーMで革に取り付けています。ここでも綴じヒモは使っていません。

こんな感じで使っています。このノート、持ち歩くだけでテンションがあがります。ずっとつきあっていきたいなぁ♪

愛用のカメラバック・DOMKEとともにパチリ(笑)

Share Button
(Visited 550 times, 1 visits today)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0

「文具おやぢ・初めてのトラベラーズノート おやぢスタイル」への3件のフィードバック

  1. PanAmのマークを見ると「2001年宇宙の旅」を思い出す私はふるいのでしょうか。
    そろそろ井の頭公園の開花実況中継も期待しています。

    1. hata-fさん、ご無沙汰です。
      お元気ですか?
      最近、写真展はやっておられますか?
      もしやられているのでしたらぜひ教えてくださいませ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です