文具おやぢ・ミドリMDノートのカバーに綴じヒモつけて超便利♪

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

ミドリのMDノートが大好きでA5サイズ、A6サイズをよく使います。
ピタッと平らに開くところと、万年筆との相性がよく裏写り、裏抜けがないのが気持ちいいのです

今回、新書版とそれにあわせたノートカバー紙を買いました。
使いやすくなるようにちょっとだけ工作してみました♪




スポンサーリンク




ちょっと脱線なのですが、本題の前に私のノートカバーを紹介しておきたいと思います。私はノートフェッチなだけでなく、ノートカバーフェッチなんです(汗)。

私はノートを使うとき、必ずそれにあったノートカバーを用意します。
ノートカバーに綴じヒモやマグネットは必須です。
日ごろ、リュックで移動しているのでノートが中で暴れてしまうため、それをおさえる綴じられるノートカバーが必須なのです。

なかでも一番のお気に入りはキングジムのマグネットノートカバーです。
いつの間にやら仕事用、プライベート用でB5x1, A5x2, A6x1の計4つに増殖していました(笑)。

ノートカバー01縮小-WP_20150705_18_54_20_Pro

↓ このカバーの特徴なのですが、ノート2冊をはさめる...

ノートカバー02縮小-WP_20150705_18_55_26_Pro

↓ ペンフォルダーがある...

ノートカバー03縮小-WP_20150705_18_56_05_Pro
スポンサーリンク




↓ 最も大きな特徴は名前のとおり、フラップに磁石が仕込まれていてカバーがぱたむ(←擬態語)と綴じるところです。
ブログではこのぱたむ感がお伝えできないのが残念です(笑)。

ノートカバー04縮小-WP_20150705_18_56_12_Pro

このぱたむが好きでこのカバーを使っています。仕事が一区切りでぱたむ、一日の終わりにぱたむ...ぱたむは完全にリズムになっています(笑)

また、ミドリの本革カバーも使っています。今はゴート革の製品がリリースされていますが、その前のバージョンです。
スポンサーリンク




↓ 革に穴を開けて、伊東屋カラーチャート用ゴムバンドを通しています。

ノートカバー05縮小-WP_20150705_18_58_11_Pro

↓こんな感じ

ノートカバー06縮小-WP_20150705_18_58_27_Pro

↓綴じるとこうなります。ばっちいのが少し恥ずかしい...

ノートカバー07縮小-WP_20150705_18_59_00_Pro

さて本題です。脱線が長くてすみません。
今回購入したMDノートカバー 紙。
素材はコロドバというのだそうです。

ノートカバー08縮小-WP_20150628_18_00_35_Pro

↓ 紙なのにしっとりしていて強度十分。ただ綴じられないので、本革カバーと同じようにゴムひもを通すことにしました。

ノートカバー09縮小-WP_20150705_01_22_39_Pro

↓ 伊東屋のブランドノート・カラーチャート用ゴムバンド

ノートカバー10縮小-WP_20150628_18_00_55_Pro

↓2mmのサークルポンチ

ノートカバー11縮小-WP_20150628_18_01_07_Pro

↓ 穴は簡単に開きますが、少し広げすぎてしまいました。意外とあっさりと穴が広がるので注意が必要です。

ノートカバー12縮小-WP_20150705_18_52_30_Pro
スポンサーリンク




↓ 完成!しばらく使ってみようと思います♪

ノートカバー13縮小-WP_20150705_01_20_27_Pro

* Twitterで更新情報を通知しています。

Share Button
(Visited 3,236 times, 2 visits today)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です