「フォトおやぢ」カテゴリーアーカイブ

自分の写真生活をふりかえる

私が写真をはじめたのは12年前の2004年。

そのころからデジタル一眼レフの価格がお手頃になってきたのがきっかけです。

写真にかかわる出来事、機材購入、出展、表彰などなどをクロニクルとしてまとめています。

しばらくぶりに振り返ってみるとなかなか面白いものです。自分の写真の関わり方の軌跡が見えてきます。

スポンサーリンク



続きを読む 自分の写真生活をふりかえる

Share Button

二つの顔を持つ街・南千住

前回の記事で浅草から奥浅草、千束(吉原)を経て山谷まで歩いたことを書きましたが、実際にはもっと遠くまで足を延ばしており、南千住、更に隅田川を渡り堀切まで歩きました。

今回は南千住がテーマです。

これ以前にも何度か南千住を歩いたことがあるのですが、今回の街歩きで新しい発見をしました。

山谷から吉野通りを北上して南千住駅方向へ向かうと、山谷に接した南千住3丁目は山谷とあまりかわらない寂しい雰囲気が漂っています。

ところが南千住駅の東側、広大な旧国鉄払下げ用地だった南千住8丁目に入ると風景は一変します。道は清潔で広くタワーマンションが立ち並び、大きなショッピングモールもあります。住民も若い人たちばかりです。

似たような光景は横浜・石川町駅で見たことがあります。

駅の南は華やかな中華街、北側は山の斜面にできた高級住宅街。そして西側は山谷と並ぶ日本三大ドヤ街のひとつ、寿町なのです。

駅を境界としてあまりにも鮮やかに街の雰囲気が異なっているのに驚きました。

スポンサーリンク



続きを読む 二つの顔を持つ街・南千住

Share Button

江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (4)

前回までで江戸の町民になった気分で浅草から吉原遊郭まで歩いてみる企画はお終いなのですが、せっかく吉原まで来たので山谷まで散歩してみることにしました。

ドヤ街(労働者向けの簡易宿泊所が集まった街)として山谷は有名ですが、山谷という地名はすでに消失しており、台東区の東浅草、清川、日本堤付近にあたります。

スポンサーリンク



続きを読む 江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (4)

Share Button

江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (3)

江戸町民になったつもりで浅草から吉原遊郭に行ってみようツアーも大詰め。

浅草からひたすら千束通りを北上。吉原へつながる京町通りを曲がるところからはじめます

スポンサーリンク



続きを読む 江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (3)

Share Button

江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (2)

ひさご通りのアーケードを通って、言問通りを渡ると奥浅草と呼ばれる少々Deepなゾーン。

そこから千束通りを通って、吉原遊郭につながる京町通りへ入って行ったんでしょう。当時の人たちは。

千束通りはバスの通る商店街ですが、裏通りに入ると古い建物、古い店舗がいくつも残っています。

江戸時代の人たちはこのあたりからワクワクそわそわしながら足取り軽く吉原にむかったんだろうな♪

スポンサーリンク



続きを読む 江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (2)

Share Button

江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (1)

最近、台東区にハマっております。上野、浅草、吉原、山谷などを散歩して回るのが楽しい。

浅草だけ、吉原だけを回るのもいいのですが、今回は見どころを全部歩いて回ってみようと思いました。

ただ歩くだけでなく、自分が江戸時代の商人の放蕩息子になったつもりで吉原まで歩いてみようと思いました。

当時の町人は吉原遊郭に行くのに、江戸市中から船で隅田川をさかのぼり、浅草で下船。徒歩で吉原までいったはずです。

浅草で下船というところにポイントがあります。遊郭に行くのですから少しは後ろめたい気持ちがあったはずなので、奥さんには

しばらくぶりに、ちょっくら観音様にいってくらぁ。
熊んちに泊まるから、戻りは明日になっからな!

なんて、言い訳して出かけて、さんざん遊んだ挙句、お土産にお札や甘味でも買って帰ったのでしょう。そんな当時の人の気持ちを考えながらテクテク歩いてみたのでした。

実際に歩き回るとドンドン歩けてしまい、吉原を越えて山谷、南千住、堀切まで歩いてしまったのでした♪

スポンサーリンク



続きを読む 江戸町民になりきって浅草から吉原への道をテクテクしてみる (1)

Share Button

富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (3)

今回がこのシリーズ最終回。

まずは波除神社にお参り、そのあと場外市場で少々あてがはずれ、最後に新橋で昼飲みして帰りました♪

スポンサーリンク



続きを読む 富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (3)

Share Button

富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (2)

佃大橋を渡って湊に入ると珍しい風景が広がっているはずでした。

下の写真が2012年春に訪れたときの中央区湊の風景でした。%e7%b8%ae%e5%b0%8f-imgp8389

%e7%b8%ae%e5%b0%8f-imgp8395

4年ほどまえはこんな建物がたくさんあったのですが...

スポンサーリンク



続きを読む 富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (2)

Share Button

富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (1)

この日は秋晴れのいい天気。

前日仕事で訪れたお台場のホテルにコートを忘れてしまい、それを引き取ったついでに魚市場問題で揺れている東京・豊洲から築地まで歩いてみることにしました。移転先魚市場から移転元魚市場まであるいたわけですね。
このあたりは新旧混在した街並みが楽しいのです。もっとも数年ぶりに訪れたのでずいぶんかわったところもあったのですが。

スポンサーリンク



続きを読む 富士フイルムX-T10/XF 23㎜ F1.4を持って豊洲から築地まで撮り歩き (1)

Share Button

早稲田大学理工の学園祭 第63回理工展の「写真表現 2016」に衝撃!

若い人がはじけているのを見るのが好きでよく高校や大学の学園祭に行きます。

近所の学校だったり、子供の通っている学校だったりしますが、一番の動機は自分が高校時代、大学時代に楽しんだ記憶があるからです。

そんなわけで今日、明日開かれている早稲田大学の理工系学部の学園祭に行ってきました。

キャンパス中庭では元気のいい、よさこい集団「東京花火」の演舞、各学部棟では理工系ならではの「粉塵爆発」観察なんてのもあり、とても楽しめました。

なかでも今回すごい収穫だったのはパンフに小さく書かれていた「写真表現 2016」という展示でした。

スポンサーリンク



続きを読む 早稲田大学理工の学園祭 第63回理工展の「写真表現 2016」に衝撃!

Share Button